電磁波とは、電磁界の周波数が高くなると、磁界を生み、磁界が電界を生み、それおの繰り返しで波として遠くに伝わる性質が強くなっていきますが、この波のことを指します。

身体への影響とは、電磁過敏症というものがあります。

電磁過敏症とは、非常に弱い電磁波にばく露されても、なんらかの身体症状が出ているというものです。皮膚が発赤したり、チクチク感があったり、灼熱感があるなどの皮膚症状や、神経衰弱症状や、倦怠感、疲労感、集中困難、めっまい、吐き気、動悸、消化不良などの自律神経症状が影響として現れます。強い電磁波であれば、健康な人にも新筋収縮、心室細動の可能性や健康に対する決定的な障害が発生するという悪影響を与えるものです。

Comments are closed.